インディーズゲーム紹介

管理人T-FTAがプレイして面白かった作品を紹介!

なかなか忙しく、本当にインディーズゲームが好きでやり込んでいる方と比べたらプレイしている量はかなり少なめかもですが、ささやかながらこのページをきっかけに作品を知る方がでればと思います!

以下、作品名五十音順です。
(※一部コメントにおふざけが入っていますが、ご了承下さいm(_ _)m あくまで個人の感想なので気にせんといてね~)

新説Uprising

ジャンル 長編シミュレーションRPG
制作者 神鏡学斗様
ダウンロード先 Lemon Slice

帝国により故郷を奪われたハーフエルフの少女が「復讐」のため立ち上がるところから始まる長編SPRG。しかし最初は憎悪から始まった旅だったが…
ゲームバランスの良さや、深く練りこまれたストーリーが魅力的です。中盤を少し過ぎたあたりで本編の視点から少し外れた章「ウィラードの剣」が始まるのですが、個人的にはそこが一番好き。あと盲目の神父「ゼロ」がかっこよすぎるぜ。


セラフィックブルー

ジャンル 長編RPG
制作者 天ぷら様
ダウンロード先 Vector

序盤から高い攻撃力で襲ってくる数々の敵、ボーっとしていたら瞬殺される鬼畜ボス、深く考えさせられる哲学的なストーリー…。うん、これは文句なく名作だわ。"異世界"「フェジテ」までストーリーが進むと、徹夜余裕の面白さ。そこまでに脱落してしまうのは勿体ない。ただ勧善懲悪ものではないので、そういうものが好きな人には向かないかも。心に刺さる人にはとことん刺さるが(私は思いっきり串刺しにされた)。


不思議の城のヘレン

ジャンル 短編RPG
制作者 さつ様
ダウンロード先 Steam

「ダンジョンを進む」→「新しい装備を手に入れる」→「ダンジョンを進む」という一見単調に見えるゲームですが、何でこんなに面白いんだ?作った方のセンス、すごすぎないか?
主人公ヘレンが探索しているダンジョンが徐々に明らかになっていく構成も面白い。短編なので気が向いたときに何度でも遊びたくなる逸品です。


闇の覇者~竜の傭兵団~

ジャンル 長編RPG
制作者 柳葉竜兎様
ダウンロード先 Vector

一言で言えば「熱い展開の少年漫画をRPGにした!」という感じです。主人公ヴァプラは秘密組織のエリートで序盤から(設定的には)"強キャラ"なのですが、それを上回る奴らが作中には次々と出てくる。かつての仲間が敵になったり、あるいは敵対していた者が手を組んだりなど…ザ・王道な熱い展開がよいですね。


Last Grace2

ジャンル 長編RPG
制作者 モソモソ様
ダウンロード先 Plain Soft

ボスがプレイヤーを殺る気マンマン、難易度高めの骨太RPGです。といっても理不尽ではなく、武具のカスタマイズをしっかり行い、「フロウ」と呼ばれるバフ・デバフを奪い合う戦いを理解すればきちんと勝利できる(むしろ見事なバランス)。本編では一番強く設定されているであろうラスボスを、戦闘不能者を一人も出すことなく倒したときに「ひゃっはー!」となりたい人はたぶんハマります。私は滅びゆくラスボスを見て「ひゃッはァ!」と二度言いました(嘘です)。


ロストへヴン

ジャンル 長編RPG
制作者 なみだ様
ダウンロード先 公式サイト

正直、戦闘に歯応えを求める人は肩透かしをくらうかも…なくらい低難易度。ただその分さくさくと上質なストーリーを楽しめる。主人公ライゼは記憶喪失で、ある日、周囲から隔絶し時間が止まった「フォーア村」の「喪失の丘」で目覚める。プレイして最初に抱いた印象は「この世界は既に滅んでしまっており、 生き延びた人々が、世界にたった一つ残されたフォーア村で、過去も未来もない状態で淡々と暮らしているのでは?」というものだった。実際には世界は滅んでおらず、村は結界により周囲から隔離されているだけだったが、ライゼと同じようにプレイヤーは 「世界に対して何も情報を持っていない」。したがってこのように認識してもおかしくはない。そしてライゼが記憶喪失であるがゆえに 彼に感情移入しているプレイヤーに対し、上記のような世界認識を自然と抱かせることを意図しているのだとしたら、序盤のフォーア村の描写は見事と思う。 なぜなら(詳細はネタバレになるので避けるが)物語の終盤において「世界が終焉する」「世界から隔絶された人々が何とか生き残る」シーンが、 そこにいる人々の生々しい葛藤とともにたびたび描かれるからである。 それらのシーンで明確に描かれる「世界との隔絶感」「永遠の時間を生きる悲哀」が、序盤のフォーア村で何気なく描かれたそれとリンクする。 このように何気ないシーンが後々の大事な伏線だったりする(ヒロインが酒に酔っ払うという一見ギャグに見えるものでもそうである)。また様々な「愛」の形が描かれた作品であると思う。恋人同士が誓う愛も描かれるが、それ以外にも 兄弟・兄妹の屈折した愛、母と息子の愛、師弟愛、忠誠心、愛国心、また上司と部下の信頼関係(これも広義では人間の持つ愛と言える)が丁寧に描かれ、 その心の機敏が登場人物をより魅力的にしている。
上質な王道ストーリーを楽しみたい方にはオススメのRPGです。